Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//ビタミンBって、種類多くない?

ブログ

ビタミンBって、種類多くない?

目次

ビタミンBって、種類多くない?

「ビタミンBって、1とか12とか数字が付いているけど、一体何種類?」

そんなことを疑問に思ったことはありませんか?

ビタミンBには多くの種類があり一般的には「ビタミンB群」と呼ばれます。

今回は、ビタミンB群とはどのようなものなのか、どのような働きがあるのか、詳しく解説をしていきたいと思います(^^)




ビタミンB群は互いに助け合ってはたらく8種類の栄養素から構成されています。

ビタミンB1、B2、ナイアシン(B3)、B6、B12、パントテン酸、ビオチン、葉酸の計8種類があります。

それぞれについて簡単に説明していきましょう(‘ω’)ノ

ビタミンB1:糖質の代謝や疲労回復に働きます。豚肉に豊富に含まれています。

ビタミンB2:脂質の代謝を促すほか、皮膚や粘膜の健康維持に役立ちます。レバーに多く含まれています。

ビタミンB6:タンパク質の代謝を促すほか、セロトニンなどの神経伝達物質の合成のサポートをします。まぐろやカツオに多く含まれています。

ビタミンB12:血液を合成するのをサポートし、脳神経が正常に働くようにもサポートします。貝類やレバーに多く含まれています。

ナイアシン(ビタミンB3):アルコールを分解するのをサポートします。まぐろやかつおに多く含まれています。

パントテン酸:ストレスを和らげる他、栄養素をエネルギーに変えるサポートもします。またレバーに多く含まれています。

ビオチン:肌のハリや髪のツヤを保つのをサポートします。レバーに多く含まれています。

葉酸:DNAを作る手助けをするほか、記憶力のサポートにも役立ちます。レバーや菜の花に多く含まれています。



コメントを添える程度の説明でしたが、ビタミンB群は体内でエネルギーを生成する過程において非常に重要な役割を果たすため、とても大切な栄養素です。

お気付きの通り、

ビタミンBを摂取するためにはレバーがオススメですので、定食屋などに行った時は、レバニラ炒めなんかを好んで食べると良いかと思います(‘ω’)ノ

では、また!

友だち追加

ブログ一覧