Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//人の内臓は左右非対称

ブログ

人の内臓は左右非対称

目次

人の内臓は左右非対称

筋肉と骨は左右対称に作られていますが
内臓は右側に大きな肝臓にある関係で非対称です。

よくある歪みのパターンは

内臓は右側が重く、世間は右利きの人が多いわけですから右足で踏ん張って立ちます。
骨盤は、右側が上がりやすく、身体は右へ傾こうとします。
脳は常にバランスを保とうとしますので
これ以上右に傾かないよう、左足に重心をおいてバランスを取っている方が多いですね。

ですから、長年放っておくと必然に筋肉と骨組みにもアンバランスが生まれ
身体バランスはベストな姿勢でなくなるのは当然です。

重力が常にかかっているわけですから車や家の修理と同じように
人も構造の歪みに大きく影響を受けます。

日頃から早い段階で手を打たなければ、

誰でも疲れた体に近づくということです。

そのため体を整える定期的なケアは必要です。
人である以上立ち向かわざるを得ない疲労に
早くから対策を心掛けて欲しいです。

では、また!

ブログ一覧