Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//マスクかぶれ

ブログ

マスクかぶれ

目次

マスクかぶれ

長引くコロナ禍てマスク生活を強いられるため
肌荒れに悩む方が増えてます。

よく行くスーパーの定員さんも
マスクかぶれが辛そうなのをよく見かけます。

性格が真面目そうだな、
神経質な人なんじゃないか、
体の歪み、姿形はどうなってるかな、

肌とはかけ離れたところで
マスクかぶれが引き金になってるのでは
なんて仕事柄どうしてもそんなふうに見てしまうものです。

そんなこんなでマスクかぶれ要因になるものをまとめみました(´∀`)

マスクの摩擦、蒸れ、乾燥

まず肌の直接な原因として
肌との間に生じた摩擦が刺激となって、皮膚がかぶれます。
長時間のマスクで口のまわりが蒸れることも、マスクかぶれの原因になります。
蒸れていると細菌などが繁殖しやすくなり、マスクによって自分が吐いたCo2を再度吸う形にもなるので肌の新陳代謝が悪くなり、肌荒れが治りにくくなります。
マスクをこまめに交換したり、洗濯をして清潔にして細菌が繁殖しないよう注意しましょう。

マスクをつけたり外したりを続けていると水分を余計に蒸発していくため、肌は乾燥しやすい状態になるそうです。
乾燥が進むと、皮脂が過剰に分泌して、毛穴のつまりやニキビといった肌トラブルにつながることがあります。さらに、肌を守る「バリア機能」が低下するので、摩擦などによる刺激をより受けやすくなります。

マスクかぶれの間接的な要因

なんといってもストレス、疲労です。
ストレスに晒された体は自律神経のバランスを乱し、肌トラブルを簡単に起こします。

疲れがたまり、イライラした交換神経が緊張した状態が続くと
甘いものやお酒、脂っこいものを身体が求めます。

食生活の乱れは悪さをする活性酸素を増やし
肌荒れのもとです。
自分も生まれつき肌が弱く、ストレスや疲れがたまるといち早く肌に警報サインが現れます。
胃が荒れ始めてくると口周りが痒くなるような体感がしますね。

高脂質、高糖質の食事は、かぶれを誘発しやすい皮脂分泌を盛んにします。身体が酸化、糖化状態になると身体あちこちに炎症を起こしやすい体質になってしまいます。

バランスの良い食事をはじめ適度な運動、入浴、夜遅くまでスマホいらわず良質な睡眠を心がけ、ストレスを溜めない生活に整えてきましょう。

とはいえ、

マスクをずっと着けてる自体ストレスですし
ストレスを溜めないようにと言われても難しいご時世😅

肌荒れが続いている方
ストレスが溜まって疲れが
なかなか取れないそんな方に
水素吸引ケアをすすめしてます。

水素はストレスや疲労の蓄積などにより
発生する活性酸素ヒドロキシラジカルを除去してくれ、本来の治癒力を取り戻してくれます。
もちろん、一緒に姿勢ケアするとより良い結果が得られます。

花粉症シーズンも迫っています。
シーズン前に水素ケア始めませんか

お得な価格で通院できる水素ケアコースも
ご用意しております。お気軽にお尋ねくださいね。

ブログ一覧