Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//筋肉・関節のケアから中枢神経を整えるケアへ

ブログ

筋肉・関節のケアから中枢神経を整えるケアへ

目次

筋肉・関節のケアから中枢神経を整えるケアへ

スタンフォード大学でアスレティックトレーナーとして活躍されている山田さんの著書を読みました。

疲れやすいカラダ=歪んだ姿勢

著書でも、体の歪みをケアすることの重要性を書かれていたので一部を紹介します。

・疲労の根本の原因は脳から出ている「中枢神経と自律神経」のコンディションの悪さからくる。

・体が歪んでいると中枢神経からの指令がうまく各部位に伝わらなくなり、動きにくくなり、疲れやすくなる。歪んだ体は中枢神経を乱す危険な状態である。

体のアンバランスは疲れと大いに関係する要素。
疲労の根元である中枢神経にアプローチしながら体を整えることが大切。


スタンフォード式最新ボディケア

体の変形は神経の乱れから起こるため、
単に筋肉を揉みほぐしたり、関節をストレッチするのではなく、
「中枢神経を正しく整えて動作をスムーズにするケアが大切」と著書の中でも書いてあります。

これはしんそう療方も同じで、
神経の作用をうまく利用し身体を本来あるべき姿へ調整しています。

例えば、足を操作して、上半身のアンバランスを均整にしたりもします。
これは中枢神経にもアプローチすることで
全身に張り巡らされた神経を介し全身のバランスをよくしています。

筋肉を鍛え姿勢を整える時代の終わり! ただ揉みほぐしたり、骨盤を一瞬で整えることはやめましょう。

「筋肉が多い=疲れない」
というわけではない。
筋トレでは体の中心を整えることはできない。
と本書でもしっかり書かれています。

「姿勢が悪いから運動して、筋肉をつけないといけないと」
思われがちですが、
常に体のバランスを取ろうとしているのは脳です。
脳から神経を介して筋肉は連動しています。

筋肉と連動している神経にアプローチし
中枢神経をまず整えることが最優先です。

その神経にアプローチ・調整するには、体に優しい施術がマストです。
疲労や不調が続いているうちは運動もウォーキングや軽い体操から始めましょう!

まとめ

①体の歪み(中枢神経)を整えて身体の負荷を減らし疲労や痛みを改善、予防する。

②その後に、運動を習慣化する。筋肉を鍛えて、パフォーマンスを向上させていく。

ブログ一覧